「待つ」ことと「許す」こと

真面目な話ですが、

 

 

絶対にやってやるという強い意志があります。

 

 

 

 

 

僕が家庭教師をしている何人かの生徒の中の一人に

 

いじめを受けていた子がいます。

 

 

その子は強いですね、部活は辞めざるを得なかったそうですが、学校は休まず行って、

 

 

僕にはこう言いました。

 

 

 

「いじめていた子を勉強では見返したい」と

 

 

 

僕にはどれだけ力を貸すことが出来るかわかりませんが、僕の出来ることはすべて注ぎたいと思いました。

 

 

 

 

僕はいつも、

 

 

「人は悔しさで生きている」

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

でも、本当に教えたいことは

 

 

見返す=自己満足で

 

それは◎ですが、

 

 

「支配」ではなく、「見返したという自分に対する満足」

でなければならないということ

 

 

 

合わせて僕が僕に思わなければならないのが、

 

 

してやった(やりきった)という自己満足だけであり、なんら支配ではないという事

 

 

 

たくさんの場面でこれが適応されるのではないでしょうか

 

 

 

助けてあげた

手伝ってあげた

愛してあげた

 

 

それをしても支配にはなってなく、

 

自己満なだけではないか、

それはオナニーではないか?

 

相手はどう想っているか、なにを望んでいるか?

 

 

 

 

見返したいという気持ちは、この上ない原動力になって◎ですが、

 

本当に教えてあげたいことは、ちょと違う

 

なんて言ってる自分が出来てもないことで

最近反省をしていたところです。

 

 

なのでそんなこと言えた立場ではないのですが、

 

そう最近学んだので、強く思うのかもしれません。

 

 

 

 

「待つ」と「許す」はこの上ない優しさだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、全然おもろない話してしもうた…

 

 

 

作成者: moribako

“「待つ」ことと「許す」こと” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。