精子の話(其の一)

なんでBLOG書いてるかって…

10年前は集客目的なんて要素があったかもしれない。

 

しかし、もはやそんな要素は皆無であり、

 

では書きたいことを我慢する必要はないのではないか…と5年

 

まぁ全部は書けないけど、ぼちぼち書きたいことにブレーキはいらないかなと。

 

 

最近知ったトリビア

 

 

宇宙とヒトの身体って似てる気がするんですが、

 

 

よくできてるなぁと感心した話

 

 

精子ってドロッとしたイメージありますよね。

 

まぁこのドロッとした理由は、

「精嚢分泌液」これなんですが、全体の70%を占め、

残りの30%が「前立腺液」なんですね。

 

こんな感じ

ドロっとしてるのは7割占める精嚢分泌液のせいなんですが、

前立腺液に含まれるタンパク質分解酵素(セリンプロテアーゼ)がそれをサラサラにしていくんです。

 

なんでそういう構造になってるかというと、

 

最初射精された精液は女性の膣内から出にくくするためにドロっとしているわけです。

しかし、そのままでは精子が動きにくいため、徐々に前立腺液に含まれるタンパク質分解酵素(セリンプロテアーゼ)の働きにより

サラサラになっていくそうです。

 

どうしてそうなった!?

最初から?進化?

 

まぁどちらにせよすごくよくできてるなぁと感心しました。

 

そういえば・・・と思い当たる節が男性にはあるのではないでしょうか?

 

あ、女性もか・・・

 

なんで、今度精子を見る機会があれば、時間経過を楽しんでみてください。

 

サラサラに変化していきます~

 

色々調べてると面白かったので、次回は

精子の成分と、飲むとどうなるのか?

 

『成分から考えるリスクと効果』

 

っていう事について書いていこうかなと思います。

 

「タンパク質だから〇めよ!」って言ってるおっさんは必見ですよ!

 

ってこんな感じで書きたい事を書いていくスタイルでやっていこうかなと。

 

 

まぁ雑学として知ってもらいたいというよりは、

 

これを読んだら、次精子見たときに

 

このBLOG、いや俺の顔思い出してしまう

ってなってしまえっていう話

 

 

ガハハハハハハハハ

 

 

違うかー

 

作成者: moribako

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。