後日談

先日、コンビニで買い物したら、689円の会計で、

1088出したんです(自分は1089円のつもり)

「ではお返しが399円です」

って言われて、

えっ!って目が覚めました。

「あれ、僕8円でした?」と聞きながら、コイントレイ見たら8円でした。

ボーっとしてたんで、まぁ仕方ないけど、

俺がレジだったら、

「お客さんもう一円ありませんか?」

くらい聞くけどな、

いや、聞いてくれよw俺のしようとしてることはわかるだろ!と

文句を言おうと思ったんですよ。

 

でも言わなかったんですよ。

 

 

レジの子が可愛かったから。

 

そんなもんです。モリシゲキです。

 

 

 

先日の続報が来ました。

 

なるほど、なんとなく納得します。

 

しかし、このニュアンスを「なんか」と表現するのは他の言語にあるのか?

とか、今だからこれを理解出来るけど、20年前はこんな使い方してただろうか?

ではいつから「なんか」をこう使うようになったのか。

 

 

などなど考えると日本語は実に面白いと思うわけです。

 

また「今年」が終わりますが、

 

またまた歳を取りますが、時代には付いていきたいものです。

 

 

※コイントレイと記載しましたが、これの正式名称は

「カルトン」です。

 

 

 

作成者: moribako

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。