NOと言えない日本人、NOと言わない日本人


二十歳くらいのときにオーストラリアで生活していたときに

自分は日本人だナァとすごく思いました。

「はっきりものを言う」

 

平均して、国民性として日本人ははっきりものを言わない人多いですよね。

ちょうど、その頃くらいからでしょうか、
「Noと言えない日本人」

なんて言葉が世間で聞くようになっていました。

 

ほんと、はっきり言います。外国の方

 

 

帰国後はわりと、はっきりモノ言うようになってました。

内向的だった性格ですが、割と人前でもしゃべったりするようになれた様な気はします。

 

 

でも、日本語って素晴らしい言語であることにも気付かされます。

 

 

曖昧に言うようにできてますよね。日本語

 

 

何でもかんでも言いたい事言うのは

いけないとは思わないけど、

 

相手は日本人だったりするわけで…

 

 

どっちが正しいかとかではなく、

 

NOと言えないのではなくて、

 

NOと言わないようにしてる(人)も居れば(時)もあるわで。

 

思ったことまずは頭で考えて、

 

言うべきことか、言い方はどうするべきか

 

考えた方がいいときもあるんじゃないかなって。

 

もちろんソッコーバスっと言ったほうが吉の場合もあるでしょうけれども。

 

 

どれが正解か分かりませんが、最終的に

 

伝える(伝わる)でおkなんじゃないかなと思います。

“NOと言えない日本人、NOと言わない日本人” への 1 件のフィードバック

Stiguch へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。